2010年04月19日

<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

 太平洋戦争初期の1942年4月18日に、米軍による初めての日本本土空襲(ドゥーリトル空襲)を受けた東京都荒川区の尾久地区の住民が、初空襲の事実を語り継ぐ活動に取り組んでいる。被災者や目撃者を探すなど検証を進め、18日に区内の首都大学東京荒川キャンパスで「尾久初空襲を忘れないコンサート」を開く。当時の報道管制の中で伏せられた「戦争の真実」を掘り起こし若い世代に伝えていきたいという。【山田奈緒】

 ◇68年経て18日にコンサート

 尾久地区では空襲で約10人が死亡、数十人が負傷したとされる。だが、当時の新聞では「九機を撃墜撃退す」などと短く報じられただけで、軍部が空襲被害の事実を隠そうとしていたことがうかがえる。今でも被害の実態はよく知られていない。

 コンサート実行委員会委員長の田村正彦さん(74)は戦前から尾久地区に住み、初空襲に遭った。当時小学1年生で、爆風で自宅の床板がはがれて飛び、家全体が傾いてしまったことを覚えている。

 「初空襲が忘れ去られないように」と08年末ごろ、近所の人たちと一緒に当時を知る住民からの聞き取りなどを始めた。体験者は既に亡くなっている場合が多く、実態調査は難航した。「東京大空襲は覚えているが、初空襲は覚えていない」「『爆弾が落ちた跡地を見に行くな』と親に言われた」との証言も。

 「米軍に初めて攻撃されたことは、当時は不名誉とされていた。地域のタブーのようで、これまで語り継がれる機会は少なかった」と田村さん。それでも地道に聞き取りを進めるうちに、少しずつ証言が集まった。尾久地区から約2キロに自宅があった住民からは「米軍の爆撃機から、バラバラと爆弾が尾久の方に落ちていくのを見た」という生々しい目撃証言も得られた。

 田村さんは「地元の力で空襲の事実と平和の尊さを語り継ごうという思いは徐々に広がった。身近な歴史を見つめ直すことで、広く平和を考えるようになってほしい」と話す。

 18日のコンサートでは田村さんらが戦争体験を語るほか、地元中学校の吹奏楽部が演奏する。午後1時半から。入場無料。問い合わせは田村さん方(03・3810・0800)まで。

 ◇ドゥーリトル空襲◇

 1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けた米軍が、反撃として日本本土を初爆撃した空襲。指揮官はドゥーリトル中佐。42年4月18日、空母から飛び立ったB25爆撃機16機が東京、川崎、名古屋、神戸などを襲った。米軍による日本本土への爆撃に道を開いたとされる。

【関連ニュース】
遺骨:DNA鑑定で元日本兵の身元確認 大阪出身・井上さん−−ニューギニア
探検録:土崎空襲・爆撃目標の日石秋田製油所(その1) /秋田
城北大空襲:4・13小さな追悼会 「根津山」の南池袋公園で /東京
川村吾蔵記念館:佐久市出身の彫刻家顕彰、五稜郭公園に完成 /長野
戦没者追悼式:柳井で戦没者しのび /山口

少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
郵便不正公判 村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
衝撃!「よし、8人始末した」 米軍ヘリの極秘動画公開(J-CASTニュース)
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発(時事通信)
[NPB]今年のスローガン「ここに、世界一がある。」に
posted by タマダ ヒサノリ at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)

 全国知事会は6日、都内で会合を開き、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について協議した。17都県から慎重・反対論が続出。賛成論は三重、熊本、滋賀の3県だった。

 知事会は15日に予定する民主、自民両党との会合で、民主党に対して、夏の参院選マニフェスト(政権公約)に党の方針を盛り込んで有権者の判断を仰ぐよう求める。

 会合で石原慎太郎東京都知事は「(安全保障など)重要な案件が日本と違う価値観を持った外国人に左右される」と語った。

<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
大手町駅ホームで突き落とし(産経新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
映画500作、違法ネット配信4年間 “監視システム”で初摘発(産経新聞)
新党との連携否定=前原、枝野氏(時事通信)
posted by タマダ ヒサノリ at 02:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

領土問題、協議継続を確認=核軍縮でも意見交換−日ロ外相(時事通信)

 【オタワ時事】岡田克也外相は29日夜(日本時間30日午前)、オタワ市内でロシアのラブロフ外相と会談した。懸案の北方領土問題について、岡田外相は「経済協力のみならず、本質的な問題である領土の帰属そのものの進展を図る必要がある」と早期解決を要請。ラブロフ外相は「前進できるよう建設的に話し合う用意がある。意識的に交渉を遅らせることは望んでいない」と表明、両外相は話し合いを続けていくことで一致した。
 両外相はまた、国際会議などの場を活用し、今年中に日ロ首脳会談を行うことを確認。岡田外相はラブロフ外相の早期訪日を求めた。
 核軍縮・不拡散に関し、岡田外相は米ロ両国が先に第1次戦略兵器削減条約(START1)の後継条約調印で合意したことを評価するとともに、「『核なき世界』の実現に向け議論を重ねていきたい」と述べた。ラブロフ外相は「日本の立場を共有し、評価する」と応じた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加−大阪府議会(時事通信)
新たに10人の原爆症を認定 東京地裁(産経新聞)
北制裁、延長期間は1年(時事通信)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
posted by タマダ ヒサノリ at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。